ウーマン

ゼナドリンという名の救世主|健康は譲れない

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットの時期

メジャー

焦りは禁物

ホルモンバランスは生理を境に変わるため、楽に痩せるためにはプロゲステロンの働き方に注意する必要があります。生理の数日前から生理中、女性の体は栄養や水分などを溜め込むための期間であり、食欲も増すためにダイエットの効率の悪さが挙げられます。また体がむくみやすくなったり、便秘も起こりやすいためにプロゲステロンの増加する生理前の時期には体重の増加などから暴飲暴食に走りがちとなり、リバウンドするケースも少なくはない内情です。また、楽に痩せるにはセロトニンなどの神経伝達物質のバランスも重要視すべきで、気分の落ち込みやイラつきなどによって食欲増進に繋がる場合もあります。焦りから食事制限を強めることは、代謝低下や栄養不足で逆に痩せにくい体に結びつくため、むくむ時期ではあるものの、代謝を高めるための水分や栄養は健康食品からしっかり摂り込み、その後の痩せ期に備える準備が必要です。

美しさも得られる

女性にとっては停滞や太りやすくなるプロゲステロンのホルモンの影響から、ダイエットに難色が示されています。ですが、生理前や生理中にしっかり栄養・健康管理しておく一工夫で、エストロゲンの分泌によって楽に痩せる期待が持てます。女性ホルモンのエストロゲンには体の機能を正常化させる働きがあり、体調や気分が改善されて代謝も向上するため、溜め込んでいた水分や老廃物の排出がしっかり促される魅力があります。普通に過ごしていても楽に痩せる時期ですが、ながら運動や食においては女性ホルモンに働きかける大豆製品は栄養価も高く、ダイエット中に適した食品です。多少のご褒美となる食事や間食もリカバリーできる時期でもあるため、いわゆるストレスによる暴飲暴食を予防できる利点までが得られます。さらに美容効果が高まるため、美肌やスリムなボディライン作りにも適しており、トータルビューティーを目指せる内容です。